不潔感をもたらす靴・足のニオイの原因と9つの対策法!

Pocket

 

「いざという時、女性や同僚の前で靴を脱げますか?」

靴や足のニオイというのは、自分が思っている以上に人は気になり、そして臭いと思われていることに気付きません。しかし、基本的に靴や足のニオイはあまり表に出ることはないため指摘されづらいですが、一番気になっているのはあなた。つまり自分です。

周りに臭いと思われていないか、心配になりますよね。

この記事では、靴・足のニオイの原因からしっかりと抑え、ニオイが気にならなくなる対策と今後の予防をご紹介します。

 

足が臭いと不潔な印象を抱かれる?

普段、人前で靴を脱ぐことがないかもしれませんが、飲み会の座敷席や営業先で家に上がる時に靴を脱ぎませんか?

もちろん近くを歩くときに臭います。さらには気がきく女性がいた場合、靴を揃えてくれたりしますが、彼女たちはニオイに敏感な生き物。揃えたときに靴のにおいに間違いなく気づいています。

足が臭いということは、足だけでなく身体全体を不潔なイメージにさせます。

また、営業先で家に上がるとき、顧客は清潔感や礼儀を最も気にします。足が群れていて汗ばんでいたり、足のニオイで不快感を与えてしまえば印象は最悪。それは仕事の成果にも結びつくかもしれません。

 

清潔感とは「マナー」、人に不快感を抱かせたら意味がありません。

いつどんなときも相手に不快な思いをさせず、見えない細かなところにも気を配れて、本当の清潔感ある男は評価されます。

 

気になる足のニオイの原因

靴を脱いだときの強烈なニオイ。その原因は群れた靴の中で雑菌が繁殖するからです。

足や靴の中の雑菌が、栄養である汗や皮脂を餌として分解し、その分解作用によりあの嫌なニオイが発生するのです。

 

実は汗自体にニオイはありません。

雑菌と、雑菌の餌となる汗に含まれる成分や皮脂の栄養、この二つがあってはじめてニオイが発生します。そしてその雑菌が繁殖する条件が、靴の中というわけです。

 

ニオイのもと=雑菌+栄養+環境

  • 栄養= 普段生活していると自然と出る「汗・皮脂・アカ」など
  • 湿度= 革靴やブーツを履いて10分ほど経過すると、中の湿度は100%を超える
  • 温度= 通気性の悪い靴の中は常に密封状態となり、熱が逃げない

(この3つにより体温で温度がどんどん上がっていきます)

靴の中は密封されているため、汗をどんどんかき雑菌が繁殖していきます。雑菌は完全に消滅させることはできないため、足汗が雑菌の栄養に与え、靴の中の湿度を生み出しているのです。

つまり、全ての根本的な原因は「足汗」にあったのです。

 

しかし、汗を止めることなどできるのでしょうか。

発汗の種類

足汗の対策の前に、足汗をかく「発汗」について理解しておく必要があります。その発汗の原因を知ることで、本当の意味で足のニオイを対策することができます。

まず、発汗には次の2種類があります。

  • 温熱性発汗

「温熱性発汗」とは、暑いときに起こる発汗で、体温を一定に保つために汗をかきます。気温の上昇や運動などで体温が上がり過ぎるのを防ぎ、上がりすぎた体温を下げるために汗を出し、水分とともに熱を放出させています。

  • 精神性発汗

「精神性発汗」は精神的緊張で起こり、緊張や興奮といったストレスで交感神経が刺激されることで手のひらなどに汗をかいたりします。これらは皮膚の摩擦を大きくし、物を持ったり、しっかりと立ったり、あるいは走ったりすることに役立ちます。

つまり、人間が汗をかくことは普通のことで、生きるための自然現象なのです。

 

汗腺の種類

そしてその汗というのは、人の全身にある「汗腺」というところから分泌されます。この汗腺にも次の2種類があり、それぞれの用途が異なります。

 

  • エクリン腺

「エクリン腺」は全身に分布しており、皮膚の表面に開口しています。毛穴とは一致せず、体温調節の際に出る汗はこのエクリン汗腺から分泌されます。特に足の裏は、このエクリン汗腺が密集しているため汗をかきやすいのです。

また、人の両足で一日にコップ1杯分(200cc)以上の汗をかくと言われています。

  • アポクリン腺

エクリン腺よりも10倍ほど大きく、体毛が生えている出口に開口しています。エクリン腺から出る汗よりも濃厚で、放置してとくと独特なニオイを発します。ワキや陰部に多く、ワキガの原因もアポクリン腺です。

 

つまり、このエクリン腺の集中する「足汗」を抑え、足を清潔にしておくことがニオイを抑える重要なポイントになります。

 

足のニオイを抑える予防と対策

1、足を清潔に保つフットケア

雑菌は足の角質やアカを栄養として繁殖します。なので、日頃から足を清潔にしておくことで、雑菌の繁殖を防ぐことができます。

【お風呂でできる簡単フットケア】

  1. 殺菌効果のある石鹸等でキレイに洗うこと
  2. ボディ用のピーリングなどで、角質やアカを落とす
  3. こまめに爪を切る(指と爪の間には、雑菌やアカが溜まりやすい)

 

2、重層の足湯

「重層」は台所や床などを落とすイメージですが、重層には研磨作用の他に、中和作用、消臭作用の効果があります。さらに重層は、天然の無機質のため人体への影響がなく、安全な天然素材なのです。

【重曹の足湯方法】

  1. 洗面器いっぱいにお湯を入れます
  2. 重層を小さじ一杯程度入れて溶かします。
  3. 15分ほど足湯をします。

 

3、ミョウバン水

意外に知られていないことですが、「ミョウバン」には雑菌の繁殖を抑え、除菌や抗菌効果、消臭効果があります。このミョウバンを水に混ぜて、足にスプレーするだけでニオイのもとを立つことができます。靴下の上からでもOKです!(ちなみにミョウバンはスーパーや薬局で売ってます)

【ミョウバン水スプレーの作り方】

  1. 水500mlのペットボトルに、3〜4gほどのミョウバンを混ぜる
  2. 冷蔵庫で一日置く
  3. スプレーキャップ(100円ショップ)をつけ、スプレーするだけ

 

4、足汗を抑える

やはり、雑菌の繁殖のもとになる足汗を抑えることが元を断ち、最も効果的です。

しかし、汗は自然と出てしまうもので、汗が出る汗腺を失くすことはできません。なので、外部から汗を抑制することが一番効果があります。

直接汗を抑えることで汗へのストレスもなくなり、ストレスにより汗をかくという悪循環から抜け出すことができます。

 

足汗用・制汗ミスト【足サラ】

main_item

市販されている制汗剤というのは、ニオイを香りで誤魔化しているので汗自体を止めているわけではなく、一時的なもの。

ですが「足サラ」は、制汗成分が凝縮した「マイクロパウダー」が、汗の出る「汗腺」から汗自体を吸収しブロックします。ミストタイプなので、スプレーするだけで簡単ですし、汗がブロックされるのでベタつかず、サラサラな一日で過ごせます。

雑菌の繁殖を抑えてくれるので、ニオイも驚くほど抑えられます。出かける前にさっとスプレーするだけで、ベタつかず簡単で、忙しいビジネスマンにもぴったりです。

普段から足や靴のニオイが気になるのであれば、試す価値はありそうです。

>> 【足サラ】の詳細はこちら!

 

靴のニオイを抑える予防と対策

eea7e39fa1f4d0eda37e638d06e63762

足だけでなく、靴にもニオイと雑菌は繁殖しています。

ニオイを抑えるというよりは、根本的な問題として雑菌を繁殖させないようにするのが大切です。※雑菌は足から靴へ、靴から足へ移動し繁殖します。

ニオイを消すには、足と靴への両方の対策をして、はじめて効果が現れます。そこで、足とともに「靴」のニオイを抑える効果的な方法をご紹介します。

5、靴をしっかり乾かす

23d1afca039ab955de2449babb538859_s

昨日履いた靴を続けて履いてはいませんか?

一日履いた靴を連日続けて履くと、汗がどんどん染み込み靴自体が臭くなります。そして、それをまた履いたら足が臭くなる、という悪循環になります。

一日履いた靴は一日休ませ、陰干しでしっかり乾かせること。

靴の中の雑菌は乾燥に弱いので、乾燥させることで雑菌が死滅し、ニオイがなくなっていきます。そのため、靴は3足ほどをローテーションして履くといいでしょう。

また、靴を休ませることで型崩れなどを防ぎます。

 

6、乾燥材や新聞紙を入れる

ニオイのもとである雑菌は、湿った環境があることで繁殖します。そのため、靴の中を乾燥させ、湿気を取り除くことで雑菌の繁殖を抑え、ニオイの元を断つことができます。

お菓子の中にある乾燥材や、新聞紙を入れておくことで、湿気を吸い、雑菌の繁殖を防ぎます。

 

7、「10円玉」を入れる

10en

これはけっこう有名ですね。

靴の真ん中に10円玉を2〜3枚入れて、一晩靴を休ませるだけ。10円玉の素材である「銅」には、イオン作用でニオイのもとであるバクテリアや雑菌を分解し、ニオイを消す働きがあるためです。

乾燥した風通しのよい場所に置いておくと効果的です。また、キレイな10円玉ほど効果が高くなりますので、お酢などで洗っておくといいでしょう。

※最近では、靴の中敷にも銅線が入っているものが市販されています。

 

8、重層でニオイ消し

足のニオイ対策でも有効で、重層を靴の中に振りかけて、一晩置いておくと消臭効果があります。

靴の中に直接重層を入れるのが嫌な場合は、不要な布や、使わなくなった靴下・ストッキングの中に重層を入れておいても同じ効果があります。

 

9、靴を冷蔵庫で冷やす

日光で内側を乾かし、ビニールやプラスチックのバックに入れ、冷蔵庫で一晩冷やします。

冷蔵庫の中は、湿気もなく、低温なので雑菌を死滅させることができます。

 

靴・足のニオイに対する対策は両方行う

靴や足の気になるニオイは、生活している上で必ず発生します。しかし、ニオイに対して何も対策しないということは、自分だけでなく周りの人間にも不快な思いをさせています。

しかし、周りの人間はニオイを指摘することはできないため、ただただあなたに不潔な印象と不快な思いを抱いていくだけ。あなたは気付かれないところで清潔感のない男性だと思われているのです。

靴か足のどちらか片方だけ対策しても、靴を履くことで靴下を伝い雑菌が移動し、もう片方へのニオイを伝染させてしまいます。足や靴からも不潔な印象を出さず、清潔感ある男性になるには、「足」と「靴」の両方にしっかりと対策をするようにしましょう。

 

Pocket

関連記事

頭がクサイ!?頭皮と髪に清潔感を出す正しいシャンプーとは?

モテたい男性必見!女性が好む清潔感を感じる香りTOP5

気になる男のニオイに速攻対策!【ODORBAN】の実力とは?

NO IMAGE

嫌われるのはクサイから?気になる体臭を消す正しい対処法!

ニオイが気になる30代男性におすすめのボディソープ「マージェンス」

簡単で長持ち!早く治したい男のワキガ対策に効くアイテム!