清潔感のある服装とは?【コーディネートと色合いの基本】

Pocket

 

「清潔感のある服装って?」

服装に清潔感を求める男性が、必ずぶつかる問題です。

よく巷のファッション雑誌で目にするが、清潔感のある服装=オシャレな服装と取り上げられたり、ネット検索で清潔感のある服装=オシャレ、モテる服装という記事ばかり出てくるが、これが勘違い。

清潔感のある服装=オシャレ、モテる服ではない

女性が服装に求めるのは清潔感というのは本当の話だが、モテる服装、オシャレな服装はまた別の話。

清潔感のある男性がモテる服装と結びつけ、清潔感ある服装=モテる服装になってしまっている。これが清潔感ある服装の幅を広げ、モテる服装にまで及んでいるから、清潔感のある服装というのが曖昧になる。これではただオシャレを学べば良いだけだ。

単にオシャレやモテる服装をしようとするから、清潔感のある服装がわからなくなるのだ。

オシャレやモテる服装というのは、清潔感という基礎を身につけた上で、+αで付け足せば良い。

このページでは、オシャレやモテる服装ではなく、あくまで清潔感のある服装について述べている。清潔さだけでモテるわけではないが、清潔感があると好印象を与えるのは確かだということは先に述べておこう。

清潔感ある服装の3つの基本

ではいったい、清潔感のある服装とはどんな服装なのだろう。その基本となる3つのポイントをご紹介する。

清潔感のある服装で心がける3つのポイント!

  1. シンプルであること
  2. シルエットがキレイであること
  3. 爽やかな色合いであること

ここで、服を清潔にしていることをポイントに入れていないのは、それは大前提であり、最低限のことだからだ。

清潔感は「=清潔にしている」ではない。

清潔感ある服装というのは、「見た目が清潔そうに見えるか」なのだ。

 

では、清潔感を出す服装の3つのポイントを一つずつ説明しよう。

1、シンプルであること

よく「シンプルが一番」「シンプルなのが好き」ということを耳にするだろう。それは、女性が服装に求める「清潔感」とこのシンプルであることは等しいからだ。

オシャレな服装をしようとトレンドや流行りの物を入れがちだが、これが逆効果になる。清潔感=オシャレな服装ではないように、余計なことをすると構成要素が多くなり、清潔感が失われていく。

シンプルであることは、一つ一つのアイテムの質や状態が強調されるため、キレイにしてあるかがポイントになる。

清潔感のある服装を目指すなら、必ずシンプルを心がける。

基本は無地の物を選ぶ。ワンポイント程度なら良いが、柄や色が多い物はごちゃごちゃするため、それだけで印象が悪くなる。個性やオシャレ感を出したいなら、色の組み合わせや着こなしで表現すること。柄に頼ってはいけない。

2、シルエットがキレイであること

シルエットがキレイというのは、単に痩せていてスラっとしていることではない。あくまで服のサイズ感が合っていることが重要。

服が本人のサイズに合っていない、ダボダボしているのはだらしなく不潔な印象を与えるためだ。清潔感というのはその人がきちんとしているかの表れ、または別表現であり、シルエットがキレイというのはその人をきちんとした人だと結びつける。

そのため、シルエットはその人のきちんと感=清潔感を表す指標になるのだ。

ダボついた大きめの服、サルエルパンツ、スウェット系などは、着方によってはオシャレに見えるかもしれないが、「清潔感」という点ではNGだ。

3、爽やかな色合いであること

色合いについては、次の章で詳しく説明するが、清潔感のある服装では大きな要素。

色はその人のイメージを表す。

一般的に「白」「青系」が爽やかで清潔な印象を与える色であり、「 茶色」「ベージュ」「くすんだ色」は取り入れる具合によるが古臭い印象を与えてしまう。後者はどちらかというと、落ち着きや優しい雰囲気を表すときに使うことをおすすめする。

色の構成は多くて3色まで、もしくは同系色でまとめる。色が多すぎるとごちゃごちゃしてしまい、清潔感は失われる。過激な色をどうしても取り入れたい場合は、小さくワンポイントで取り入れることだ。

清潔感をアピールする色合いの基本

色は見せる割合と与える印象が大きく、とても重要な要素。

人がその人を印象付ける要素として、色のチョイスや組み合わせは服のデザインを上回る。清潔感を持たせるには、その雰囲気を印象付ける色と組み合わせを選ぶことである。

清潔感を演出する色は大きく2つ

【青】

イメージ:冷静、誠実、清潔、爽やか

青は、清潔感の代表格であり、情熱を意味する赤とは反対に、涼しさ、爽やかさ、知性といったことを感じさせる。空をイメージさせることから航空会社や、涼しさを感じる清涼飲料水などにも青が使用されていることが多い。夏には特に涼しさをイメージさせる。

また、信頼感という点でも静的で安定のあるイメージが強く、ジビネスシーンでも紺系は信頼感を得やすい。シャープな印象やスマートに見せるのも、青系である。

【白】

イメージ:清潔、潔さ、純粋、美しさ

白は汚れのないイメージから、清潔感、純粋さを与える。モノを軽く感じさせたり、気持ちをリセットする効果もある。他の色を邪魔せず何とでも合うため、人を受け入れる協調性や安心感も与え、好まれやすい。明度が高く光を反射する色なので、明るいイメージを与えることができる。

この「青」と「白」の2つはまさに王道であり、絶対に持っておく色である。

だからと言って全てこの色だけで良いというわけではなく、持っておくべき色という意味だ。清潔感のある服装をする上で注意したい色もあるので、そちらも説明しておこう。

使い方で変化する3色

【黒】

イメージ:暗闇、恐怖、悪、高級感、男性的

黒は全ての色を吸収した色とも言われ、重く見せる。一方で、男性的で威厳のある感じを出し、洗礼された印象を与える。

セレブが黒を着ることが多いのは、高級感と洗礼されたイメージを出すためである。また、全体を引き締める効果があるため、ボトムスなど気になる部分に使用すると良い。一番彩色を引き立たせる色で、明るい色は特に引き立つ。しかし、原色同士は強い色同士なため、注意が必要である。

【茶色】

大地を連想させ、安らぎと落ち着いた印象を持たせる。

落ち着いたイメージであるため「靴」に使用されることが多く、足元に安定感を与える。しかし、茶色は使いどころが難しく、メインに使うと古臭い印象を与えてしまう。

清潔感を演出したいなら、ボトムスや靴に使用しよう。

【灰色(グレー)】

イメージは調和、薄暗い、都会的。

黒でもなく白でもないため、曖昧で割と象徴するイメージは暗い感じを与える。控えめな印象ではあるが、他の色とも組み合わせやすい特徴を持つ。グレーは色が曖昧なため、どうしてもぼやけてしまう。なので、青系や黒などでメリハリをつけること。

 

色使いの基本

組み合わせのポイントは、配色「70:25:5」の法則である。

見た目のバランスが最も良く見える割合のこと。バランスの取り方として重要だ。このポイントはしっかり押さえて、次の組み合わせの段階に進んでほしい。

「ベースカラー」:70%
一番大きい部分で、メインとなる色を選ぶ

「メインカラー」:25%
作るイメージがあればそれを優先させる。なければ、どのような雰囲気にしたいかで選ぶ。

「アクセントカラー」:5%
差し色のこと。雰囲気を引き締める役割をするので、メインカラーの補色として使うと良い。補助の役割で、雰囲気にスパイスを加えるとき。

 

色のチョイスと組み合わせ方

使用する色と、配色のバランスを踏まえた上で、着る服を選んでいく。

このページの最後に、清潔感コーディネートの見本と、NG項目を記載しているので参考にしてほしい。こちらでは、ポイントを2つ紹介する。

Point1、「白」を必ず入れる

清潔感は白をメインに選んでいく。

「ベースカラー」「メインカラー」のどちらでも良いが、白は必ずどこかに組み合わせてほしい。「白」は最も清潔感を印象付ける色だからだ。もちろん白のアイテムは汚れやすいので、手入れや状態に気をつける。

Point2、季節に合った色

よく季節感が大事だと言われるが、もちろん外せない項目だ。

清潔感のある服装でも、毎回「青」と「白」だけでは難しい。そこで、季節に合った色をメインにする。春であれば淡いパステルカラーや原色、夏であれば涼しさを感じる青や白など。

簡単な方法だが、充分に季節感を取り入れることができる。これら色に関することは、とても重要なのでしっかり身につけてほしい。

【季節に合った色の選び方】

  1. 季節の物をイメージする(桜、海、紅葉、雪などなんでも良い)
  2. そのイメージした物の色を取り入れる

清潔感あるコーディネート例

<トップス × 白>

白シャツやインナーに「白」を取り入れることで、すっきりとした清潔感を出すことができる。

色使いで清潔感を出すのが難しい「茶色」だが、インナーに白を入れることで重い茶色を軽くしてくれる。足元はアウターと合わせた茶色で安定感を持たせている。

また、黒の細身のパンツは全体を引き締める効果があるため、全体のシルエットをキレイに見せてくれる。白はどこに入れても効果があり、清潔感を演出するには欠かせないアイテムだ。

<ボトムス × 白>

白のパンツは上品に清潔感を出すが、少し扱いが難しい。白はぼやけて膨らみを見せるため、必ずトップスは似たような色は避ける。白とのメリハリが出るように選ぶことがポイント。

また、「ネイビー」は白との相性が抜群に良い。「白 × ネイビー」は最も清潔感を感じさせるため、必ずこの組み合わせは持っていてほしい。

バリエーションが多いので参考はあくまでほんの一部だが、随時追加していく。それまでは雑誌や、「清潔感コーデ」でネット検索すればたくさん出てくるので、もっと見たい場合はそちらを見るといい。人の服装や、清潔感を感じる着こなしを見ることで勉強になり、それが自分の感性を磨いてくれる。

清潔感のない服装NG例!

最後に、やってしまいがちなNG項目を挙げておく。

もちろんこれが全てではないが、女性目線からも取り入れてるため、目を通しておくだけでもOK!(服の汚れやシワは大前提であり、他のページで説明しているため、あくまで組み合わせや服装のチョイスについて述べてある)こちらも随時追加していく予定だ。

清潔感のある服装を目指すなら、必ずチェックしておこう。

  • トレンドを入れすぎる
  • 色を3色以上取り入れている
  • 迷彩柄の多様(使用するのは一つまで)
  • 全身に黒が多い
  • 胸元にヒモがあるTシャツ
  • 膝上の短パン
  • サルエルパンツなど、シルエットを崩すもの
  • ズボンの腰履き(いわゆる腰パン)
  • 尖った靴(ホストが履くような)

まとめ

いかがだっただろうか。

清潔感のある服装というのは、清潔にしておくことでも、ただモテるオシャレファッションをすれば良いというわけではない。きちんと仕組みと構成される要素があって、清潔感という印象を与えることができる。

では、ここまでの項目をまとめておこう。

【清潔感のある服装になるための3つの基本】

  1. シンプルであること
  2. シルエットをキレイに
  3. 色合いを考える

【色合いとコーディネートの基本】

  1. 白、青(水色シャツなども良い)
  2. 白は必ずどこかで取り入れる
  3. 季節感を取り入れる

もちろんこれが全てではないが、基本をきっちり押さえれば、服装で清潔感を感じてもらえるようになる。もちろん、服を清潔にし状態をキレイに保つことを前提にしているので、それについては、「服装で心がけること」でもう一度確認しておくと良いだろう。

あなたも清潔感のある服装を見つけることで、周りの印象は劇的に変わる。

 

Pocket

関連記事

シャープで清潔感ある印象を与えるメガネの選び方!【男性編】

「清潔感のある服装」で絶対持っておきたい3つのアイテム!

デキる男は何が違う?周りに差をつける【身だしなみと手入れの基本】

人は見た目が100%?男が意識するべき外見に対する3つの心がけ

清潔感は「靴」の印象で左右される!?