清潔感は「靴」の印象で左右される!?

Pocket

 

突然ですが、あなたの靴はキレイに手入れされていますか?

「靴」というのは一見目立たないようで、実は一番見られており、清潔感を判断する上で重要なポイントになっているのです。

清潔感と「靴」への印象とは?

女性は、男性が思う以上に見ている

女性が好む男性のポイントや、女性が普段男性のどんなところに目が行くのかを調査したアンケートがよく行われている。そこで必ず声が上がるのが、靴が汚れていないか」「手入れはされているかといった点。

女性が「清潔感」を男性に最も重要視するポイントですが、女性は、靴が汚れている男性に清潔感を感じることはまずない」ということをはじめに覚えておきましょう。

 

例えばデートに出かけるとき、ヒゲもきちんと剃った、髪もバッチリ。しかし靴が汚れていると、その最後の印象で全ての評価を下げることになります。

女性はあえてその場で言いませんが、惜しい男で終わります。

 

女性は本来、男性より身だしなみやファッションに敏感な生き物です。

女性は、男性が思う以上に着ている服、身につけている物を細かくチェックしているため、男性が気付きにくい箇所でもあるのです。

 

「靴」はその人の人格を表す

「靴」は、仕事上でも重要な身だしなみになります。

面接などでも「靴をキレイにしておく」と言われるように、靴はその人がきちんとしている人か見るポイントになります。

まず、靴が汚い人は清潔感もなく、だらしない人という印象を与えます。

特に「靴」は、第一に相手の陣地に入る部分であり、会社や顧客の家に上がるときなど、配慮すべきポイントでもあります。身なりを整え、身につける物はキレイにしておく。

清潔感のその基本が「靴」なのです。

 

「靴」が意味する重要性

3cbfa69e16863932a183c79a5cb7488e_s格式のある旅館や料亭では、脱いだ靴を見て、手入れが行き届いているかどうかで客の人となりやランクを判断しているのだと言われています。

「靴」は見られている場合が多いですが、逆におろそかにしてしまいがちな箇所でもあります。「靴」がその人の人格を表すというのは、そういう細かいところまで気持ちが行き届いているかどうかが「清潔感=信頼」につながるのです。

 

また、「男のオシャレは足元から」というように、スーツを買うときも、まず靴から買えというほどです。

それは靴が最も重要であり、上質で、手入れされた靴はスーツをも上質に見せます。オシャレの多い英国では、服と同じくらい靴にも情熱をかけます。「靴は外出するときだけ履く」という日本人とは違い、靴は服と共に着るという感性を持っているからだそうです。

少し話がそれましたが、「靴」をキレイにするというのは、相手に清潔感を与えたいのであれば、そして磨かれたデキる男になりたいのであれば、当然の身だしなみなのです。

 

「靴」で与える印象を変えるポイント

「靴」で相手に与える印象を変えるには、ポイントは次の2つ。

  • 靴は見られているという意識
  • 靴が清潔であるか(見た目、ニオイ)
  • 靴底がすり減ってないか

まず、普段から靴に対する意識を変えます。靴がより見られるものだと意識することで、靴に対して細かく気を配ることができます。何よりも先に「靴」を意識することで、徐々に意識が上に行き、全身を意識することができます。

次に、靴の手入れをきちんと行います。靴の手入れに関しては次の章で述べますが、革靴であれば汚れを落とし、靴を磨きます。ニオイも気になるポイントです。

靴の手入れに付属しますが、意外に見落としがちなのがカカトのすり減り。カカトを引きずる歩き方をすると靴底がすり減り、みすぼらしい足元になり印象は落ちます。靴への意識が上がれば、靴をかばうようになり、自然と歩き方も改善されるでしょう。

 

靴にも気を配ることで、だらしない印象を与えるのを防ぎ、きちんとしたデキる男であることを印象付けるのです。

 

清潔感を出すための「靴」の手入れ方法

⒈まず磨く(革靴)

dse_0832-1-20150330面倒に思うかもしれませんが、これが基本であり一番大事なことです。細かな努力なくして清潔感と信頼感は得られません。

そもそも靴を磨くのは、皮に水分と栄養を与え靴を長持ちさせることと、磨くことで光沢を取り戻し汚れるのを防ぐためです。

長持ちさせることで節約にもなりますし、磨く習慣がつけば余裕ができます。靴は自分の顔と同じです。いつ誰に見られてもキレイな靴にしておきましょう。

 

⒉シューキーパーを入れる(革靴)

靴は履くたびに形が変化していきます。形が変化することで、靴を劣化させます。

シューキーパーは、その変化を修正するためにいれます。形をきちんと保つことで、キレイな形を維持しながら長持ちしてくれます。

 

⒊靴を休ませる

下着は毎日取り替えますよね?靴も同じで、その日に履いた靴は次の日に履くのはNGです。

これは靴の中で雑菌が繁殖し、ニオイの元にもなります。靴を休ませることで乾燥させ、湿気やニオイを取り除きます。また、靴の中で雑菌が繁殖するのを防ぎますし、劣化するのを防ぎます。

方法としては、靴は湿り気でカビが生えますので陰干しで靴は2日休ませ、革靴も3足ほどをローテーションさせるといいでしょう。

 

⒋汚れないように気を配る

日頃から、靴が汚れないように気をつけましょう。

汚れてしまったら洗える靴は洗い、革靴は磨いて汚れを落とします。洗っても落ちない汚れや、自分では洗えないブーツなどは、靴のクリーニングがあるので、そちらを利用してもよいでしょう。

少し高いと思うかもしれませんが、それも自己投資です。買った時のように形も復元され、驚くほどキレイになります。

 

⒌ニオイ対策

これもとても重要です。清潔感はニオイからも来るように、靴であれ体臭であれ、臭い人は=不潔な印象です。

靴のニオイを解決したい場合は「靴のニオイの原因は?ニオイを取り除く方法!」でまとめていますが、それでもニオイが取れず、どうしてもニオイが心配な人は、靴を丸洗いして、菌やニオイを一度リセットするのが一番です。

 

靴の手入れがめんどうな人やニオイがどうしても取れない場合は、靴を丸洗いして買ったときのようにキレイに仕上げてくれる「靴のクリーニング」を利用するのも良い選択です。

>> 靴クリーニング・丸洗いの全国宅配【くつリネット】はこちら

 

Pocket

関連記事

デキる男は何が違う?周りに差をつける【身だしなみと手入れの基本】

「清潔感のある服装」で絶対持っておきたい3つのアイテム!

人は見た目が100%?男が意識するべき外見に対する3つの心がけ

清潔感のある服装とは?【コーディネートと色合いの基本】

シャープで清潔感ある印象を与えるメガネの選び方!【男性編】