頭がクサイ!?頭皮と髪に清潔感を出す正しいシャンプーとは?

Pocket

 

「最近、まくらがクサイ…」「頭皮がかゆくてなんだかニオイがする…」

そんな経験や思っていることはありませんか?

今や女性からの支持や、世の男性になくてはならないものとなった「清潔感」とその中でも最も重要な「ニオイ」。その際立って目立つのが頭皮・髪の清潔感です。

 

頭皮がクサイ!周りの印象とイメージとは?

まず、人は頭皮や髪から「不潔感・ニオイ」を感じやすいです。頭は、目線や鼻と同等のライン上にあるため、とても目立ちやすく、不潔だと感じやすい部分なのです。

仕事上でも頭皮・髪の不潔感が見られいることが多く、「この人と一緒に仕事したくないな」「だらしない人だな」と思われ、周りの印象を悪くし、仕事に大きく影響します。

頭がクサイ男性に対する「女性の本音」

あるリサーチ会社のアンケート調査で、性の99.1%が清潔感を重視して、交際できるかを判断している」という結果が得られたそうです。

また、生の女性の声では、電車の中で気になることが多いとのこと。

電車では密室で距離も近いため、頭のニオイや髪の不潔感、肩のフケなどが目立ちやすくなり、近づきたくない、座りたいときに席が空いていても隣に座りたくないという声が多数あげられています。

 

清潔感のない頭皮・髪とは?

では、いったい女性は、男性のどんなところに清潔感がない(不潔)と感じるのでしょう。アンケートで得られた回答をもとにまとめました。

  • 髪が脂ぎっていて、ベタついている(テカっている)
  • 起きてそのまま、寝癖がついている
  • 髪がボサボサ、整えらえていない
  • フケが頭皮や肩についている
  • 臭いニオイがする
  • 中年のロングヘアー

 

清潔感を感じる頭皮・髪

  • きちんと整えられている
  • 髪がサラサラ
  • フケがついていない
  • 香水ではなく、石鹸やシャンプーの香りがする
  • 人気の髪型「黒髪のショートヘア」

清潔感のある頭皮とは、不潔だと思われる項目の逆そのまま。普段自分が気になっている頭皮のニオイは、それ以上に意識しなければ危険です。

 

頭のニオイと不潔感の原因

「頭」つまり、頭皮・髪の不潔感を出す原因は、「ニオイ」と「フケ」の2つの要因があります。この2つの原因を知り、それに合ったケアをすることで清潔感を生むのです。

ニオイの原因

気になる頭皮のニオイの原因には、主に3つの原因があります。

  • 皮脂の酸化

よく、頭皮の汚れがニオイを発生させていると言いますが、それは頭皮の皮脂や汚れが、空気や紫外線により酸化することでニオイを発しています。

頭皮は髪に守られるとはいえ、常に紫外線や空気に触れています。そのため、頭皮の皮脂や汚れを残しておくと、あの特有のニオイを発してしまうのです。

 

  • 雑菌による分解

2つ目は、身体の雑菌が、皮脂や角質を餌に繁殖・分解することが原因です。

頭皮は皮脂腺が多く存在するので汚れやすく、髪の毛で覆われていて通気性も悪いため、雑菌が繁殖しやすいのです。この菌は完全に0にはできないため、菌が繁殖しない環境と、皮脂や汚れを残さないことがニオイを防ぐポイントになります。

また、皮脂が過剰に分泌されて雑菌と混ざると、加齢臭の元である「ノネナール」という物質が生成され、ニオイの原因になります。

 

  • 髪自体が臭い

髪は毛皮質という繊維の集合体で、通常は外側をキューティクルで保護しています。

しかし、ヘアカラーや洗浄力の強いもので洗いすぎると、キューティクルが損傷し、タバコや頭皮のニオイを吸収してしまいます。頭皮や髪の洗いすぎは、ニオイを発生させる原因にもなるということです。

 

「フケ」の原因

そもそも「フケ」とは、「死んだ皮膚や角質が剥がれ落ちたもの」で皮脂の過剰分泌による毛穴の汚れ、乾燥により皮膚のバリア機能が低下することが原因で発生します。

また、日焼けなどで皮膚の表面がカサカサになり、剥がれ落ちる場合もあります。

 

この「ニオイ」と「フケ」を作る原因は、主に4つの習慣が原因です。正しい習慣と対策を取ること

  • そもそも清潔にしていない(皮脂や汚れを落としていない)
  • シャンプーが合っていない
  • 間違った洗髪による皮脂の取り過ぎ(皮膚を守ろうと皮脂分泌が過剰になる)
  • 生活の乱れ(脂質の多い食事、ストレス)による皮脂の過剰分泌

 

頭の「ニオイ」と「フケ」を無くす正しいヘアケア

ヘアケアの基本は洗うこと

身体の内側からの改善も必要ですが、基本はきちんとシャンプーをして常に清潔にすることが基本です。

シャンプーをせずに皮脂や汗で汚れたままにしておくと、寝ている間に菌が繁殖し、フケ、かゆみ、ニオイが発生します。

また、整髪料(ワックス)を落とさずにそのままにしておくとさらに悪化するので、必ず落としてから寝るようにしましょう。

 

【正しい頭皮の洗い方】

1、まずは38度前後のお湯だけで洗い流します。(はじめはお湯だけで皮脂やホコリを洗い流すことで、半分以上が落ち、シャンプーを泡立てやすくします)

2、ワックスがついているのであれば、シャンプーで頭皮を洗わないように髪だけを洗います。

3、シャンプーを手に取り軽く泡立て、指の腹でマッサージするように洗います。(爪は立てたり、ゴシゴシ洗うと皮脂を落としすぎたり、頭皮を傷めます)

4、シャンプーが残らないようにしっかりすすぐ(すすぐ時間は、シャンプーの3倍の時間をかけます。これは、シャンプーの洗浄力である界面活性剤が、水に溶けにくいためです

5、ドライヤーで髪よりも、地肌を乾かす(このとき、髪をしっかり乾かさないとカビが発生したり、湿った環境が菌を繁殖させます)

 

自分に合ったシャンプーを選ぶこと

あなたはどんなシャンプーを使用していますか?「自分に合っていない、または洗浄力が強すぎるシャンプー」は、一番の頭皮トラブルになります。

特に、ドラッグストアやスーパーで売られている市販のシャンプーが最も危険で、ニオイやフケなどの頭皮トラブルを招きやすい原因でもあります。

 

【市販のシャンプーの危険性】

シャンプーや洗剤で油汚れが落ちるのは、「界面活性剤」というものが含まれているからです。

界面活性剤の「界面」とは「表面」のことで、本来混ざることのない「水」と「油」を混ぜる働きをします。これにより、頭皮の皮脂やワックスなどを落とすことができます。

しかし、市販のシャンプーは低価格ですっきりとした洗い上がりを実現するために、強力な界面活性剤を使用しています。そのため、洗浄力が強すぎて皮脂を取り過ぎてしまい、肌にも大敵であるとされています。

そんなものを売っていいのかと思われるかもしれませんが、基準はあくまで使い続けても人体に悪影響がないこと。病気になるわけではないため、安心安全をうたっているのです。なので、市販のものは成分にお金をかけず、広告や宣伝に膨大なお金をかけているため、低価格で提供するためには仕方のないことなのです。しかし頭皮には刺激が強く、結果として抜け毛、薄毛、フケ、かゆみといった症状を引き起こすのです。

市販のシャンプーは洗浄力が強く皮脂を落とし過ぎるため、キューティクルで保護する「シリコン」というコーティング剤が含まれています。このシリコンはツヤを与え、指通りを良くし、熱に強いためドライヤーや紫外線から守ってくれます。しかしこの「シリコン」は、水で溶けないため、毛穴に詰まりやすいデメリットがあります。毛穴の詰まりは「ニオイ」「フケ」の原因です。

 

【シャンプーの種類】

シャンプーに配合される界面活性剤の由来成分の違いや、成分の特徴の違いから大きく5つに分けられます。

1、石油系(石油由来)

界面活性剤はラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Naなどがメイン。

ラウリルは、エンジンオイルを落とす工業用洗剤の原料で洗浄力が強い。泡立ちが良く、洗い上がりもすっきりして一時的には気持ちいいが、皮脂の取りすぎにより、本来よりも多く皮脂を分泌させてしまう。価格が安い

 

2、高級アルコール系(天然由来+石油由来)

これも石油系同様に洗浄力が強く、泡立ちも良い。洗った感じがあり、ベタつかず爽快感があるが、やはり洗浄力が強すぎるため、頭皮には良くない。

⒈石油系と⒉高級アルコール系は、同じと考えてよい。(一般的な低価格の市販シャンプーがこの2つです。)

 

3、石鹸系(天然由来)

石鹸シャンプーは天然由来で肌や環境に良い。洗浄力が石油系に劣るが、強い方のためしっかり洗える。しかし、石鹸シャンプーはアルカリ性の界面活性剤のため、毛髪のキューティクルを落とし、髪がギシギシになる。

 

4、オーガニック系(天然由来)

天然成分で皮膚や環境に良いとされるが、その分洗浄力が弱く女性向き。皮脂の分泌が多い男性には、あまりオススメしない。シリコンが入っていない(ノンシリコンのこと)場合が多く、皮膚には良いが、ギシギシすることが多い。天然成分のため価格が高い。

 

5、アミノ酸系(天然由来)

美容室などで一番使用され、シャンプーするには一番良いとされる。低刺激で頭皮や髪に優しい。アミノ酸系の界面活性剤は、皮膚や髪と同じタンパク質つながりのため、皮膚や髪に近い成分。保湿力も高い。天然成分のため、価格が高い。

 

以上の5つに分類されるが、一番良いのは「アミノ酸系シャンプー」

価格が高いのは、成分にコストがかかるためです。洗浄力は石油系には劣るが、必要以上に皮脂を取り過ぎず、低刺激なので皮膚に優しいのが特徴です。

美容室のシャンプーはこのタイプが多く、良いモノを使用しているから高いんですね。頭皮の「ニオイ」「フケ」を解決し、清潔感を得たい男性はアミノ酸系シャンプーを使うようにしましょう。

 

頭皮のニオイやフケを防ぐアミノ酸系シャンプー

薬用レパオスカルプシャンプー

医療用医薬品を中心とした製薬会社「持田製薬」が開発した”菌””皮脂”を洗う、日本初の抗カビ成分配合のシャンプーです!

フケやかゆみを引き起こす原因は、 ”清潔さをキープできていないから”ではなく、 ”自分にあったシャンプーを使っていない”から。逆に洗いすぎると皮脂を取りすぎて、 乾燥によるフケ・かゆみを招いてしまい、 洗わなければ頭皮のカビが増え、フケ・かゆみの原因に。

その2つの原因を防いでくれるのが、 「コラージュフルフル スカルプシャンプー」です!香りは「無香料」と「マリンシトラス」の2タイプ。敏感肌でも使えます。

>> フケの原因菌の増殖をブロック!頭皮環境も整える薬用シャンプー

 

プレミアムブラックシャンプー

プレミアムブラックシャンプー

「洗浄」「保湿」「栄養補給」「血行促進」の4項目にトコトンこだわり開発され、これ一本でほとんどの頭皮トラベルに対策できるアミノ酸系シャンプー。

頭皮・毛髪によくない成分は一切使用しておらず、保湿や栄養補給も行われるため「コンディショナー」「トリートメント」を使わなくて済む万能タイプ。

>> プレミアムブラックシャンプーの詳細はこちら!

 

アミノ酸系をオススメしましたが、洗い上がりなどを重視したい方は「石油系のシャンプー」を使用するのもありです。

頭皮・髪を清潔にしておかなければ、不潔感は拭えません。頭髪の「ニオイ」や「フケ」を本気で解決したいのであれば、まずシャンプーから見直していくようにしていきましょう。

 

Pocket

関連記事

気になる男のニオイに速攻対策!【ODORBAN】の実力とは?

簡単で長持ち!早く治したい男のワキガ対策に効くアイテム!

NO IMAGE

嫌われるのはクサイから?気になる体臭を消す正しい対処法!

ニオイが気になる30代男性におすすめのボディソープ「マージェンス」

不潔感をもたらす靴・足のニオイの原因と9つの対策法!

モテたい男性必見!女性が好む清潔感を感じる香りTOP5